症状と原因

目元の印象は、顔立ちの印象にも直結します。黒目が大きいと、ぱっちりした大きな目という印象になりますが、逆に黒目が小さかったりタレ目だったりすると眠たげな印象の目元に。まぶたがたるんでしまうと、このような症状になってしまいます。
特に、上まぶたがたるんで目が開きにくくなっている状態のことを「眼瞼下垂」といいます。まぶたが開きにくくなっているので、当然視界が狭くなって視力にも悪影響となってしまいます。まぶたが重い、頭痛や肩こりに悩まされている、視界が前より狭くなった、という人は要注意です。また、目の疲れがしつこく続くといった「眼精疲労」の症状が見られることもあります。

眼瞼下垂の原因は、ズバリまぶたのたるみにあります。加齢や摩擦によって引き起こされたまぶたのたるみが、やがて眼瞼下垂を引き起こします。
まぶたを開ける仕組みには、「眼瞼挙筋」と呼ばれる筋肉が深く関わっています。目の上奥に伸びた眼瞼挙筋は、様々な周辺組織とつながっている重要な筋肉です。
この眼瞼挙筋は、体の活動に関わりのある「交感神経」が緊張することで収縮します。これがミュラー筋や起立筋にまで影響を及ぼし、結果として眼瞼下垂の症状である頭痛や肩こりを引き起こします。
こうした症状を引き起こさないためにも、普段からの目の使い方を見なおしてみるとよいでしょう。
コンタクトレンズを長時間使用していたり、パソコンでの作業を長時間行ったりする人は要注意です。また、まぶたをよくこする人も注意が必要です。

新着記事

対策

眠たげに見えて、視力だけでなく他の部分にも影響を与える眼瞼下垂。眼瞼下垂は、まぶたを擦ること、目を酷使することが原因で引き起こされる症状です。それを避けるためにも、しっかり対策を行いましょう。

病院での治療

眼瞼下垂の症状は、病院や美容外科の治療によって解消することができます。自分自身でできる眼瞼下垂対策の改善に行き詰まったら、迷わず病院を受診してみると良いでしょう。

メリット

治療することによって、症状そのものだけでなく二次的な症状の改善も見込めます。眼瞼下垂による視力の低下、頭痛、肩こり、眼精疲労に悩んでいる人は、病院での治療を受けるようにすることが大切です。